前へ
次へ

生きものNEWSー展示のお知らせ

白い?サワガニ!

展示期間:2019年12月4日(水)〜終了未定 展示場所:淡水トピックコーナー

サワガニ
淡水トピックコーナーに甲らの白いサワガニの展示を始めました。サワガニの甲らの色は、オレンジ色や茶褐色、赤色などさまざまで、地域によって異なるといわれています。白いサワガニはとても稀で、今回はよく見られる赤いサワガニと比較できるようにして展示をしています!

さわがに

スッポンの子どもを展示

展示期間:2019年11月7日(木)~終了未定 展示場所:淡水トピックコーナー

スッポンの展示スッポンの子どもの展示をはじめました。

スッポン
スッポンの体の特徴もパネルで紹介しています。 ぜひご覧ください。

サカタザメbaby

展示期間:2019年10月30日(水)〜終了未定 展示場所:汽水トピックコーナー 

ゴビウス初!サカタザメの赤ちゃんの展示を始めました。赤ちゃんの展示は今だけです。ご来館の際は要チェックです!

サカタザメ

展示水槽

【終了】期間限定!タッチプールにドクターフィッシュが登場!

展示期間:2019年10月12日(土)10月28日(月)展示場所:だんだんタッチプール

10月12日よりタッチプールにてガラ・ルファ(ドクターフィッシュ)の展示終了

(生きものの状態により展示を中止する場合があります。)

コバンザメがやってきました!

展示期間:2019年9月16日(月)〜終了未定 展示場所:汽水トピックコーナー 

コバンザメがやってきました! 地元の漁師さんのご厚意により、コバンザメを寄贈して頂きました。この魚の名前は、小判型の吸盤をもっていることに由来します。 この吸盤を使い、大きな魚にくっついて身を守ってもらうようにくらしています。今回はコバンザメ単独で展示しており、吸盤が観察しやすくなっています。 ぜひ、注目して見てください。

【終了】第3回ゴビウスカップ 巨大ザリガニハンターは誰だ!?

展示期間:2019年7月13日(土)~8月25日(日) 展示場所:エントランス 

夏休みイベント「巨大ザリガニハンターは誰だ!?」の展示がスタートしたよ!ゴビウスで展示しているザリガニよりも大きなザリガニをつかまえることができるかな?巨大ザリガニをゲットしてゴビウスまでもってこよう!

黄金のカエル
参加方法など詳しくはこちら!

【終了】幸運をよぶ!?黄金色のカエル

展示期間:2019年6月28日(金)~展示を終了しました 展示場所:淡水トピックコーナー

県内の田んぼで黄金色のトノサマガエルとツチガエルが見つかりました。 黄金のカエル

黄金色の体は目立つため、天敵に見つかりやすく、まとまって見つかることは希です。今回のように同時に展示できる機会は滅多にないため、この機会に多くのみなさまにご覧いただければと思います。

展示のようす

【終了】田んぼの生きもの

展示期間:2019年6月8日(土)~展示終了 展示場所:淡水トピックコーナー

田植えが終わったころに現れるカブトエビやホウネンエビを展示しました。 条件や環境のあった田んぼでしか見られません。寿命はとても短いため、期間限定で展示しました。

田んぼの生きもの

【終了】今が旬!イワガキ

展示期間:2019年5月22日(水)~ 展示場所:汽水トピックコーナー

夏が旬のイワガキの展示を始めました。イワガキの養殖発祥の地として知られる隠岐の島のイワガキを展示し、豆知識や食べ方も紹介しています。

イワガキの展示

冬が旬のマガキより殻が大きいです。ぜひ観察してみてください。

イワガキの展示

【終了】BIGなドジョウの展示をはじめました!

展示期間:2019年5月15日(水)〜終了しました

BIGなドジョウの展示をはじめました!


当館の職員が調査中に採集しました。19㎝もあるBIGなドジョウです。


なかなかお目にかかれないサイズのドジョウですので、ぜひご覧ください。

カスミサンショウウオ元気に成長!

展示期間:2019年2月9日(月) ~展示を終了しました。

カスミサンショウウオの卵の展示をはじめました。

カスミサンショウウオの卵
カスミサンショウウオはこの時期、雑木林近くの水路などで産卵しています。今はまだ卵の状態ですが、順調に成長しています。 ぜひ、観察してみてください。

おいしいカニ ズワイガニ

展示期間:2019年1月21日(月)~展示を終了しました。

今が旬のズワイガニの展示が始まりました!!
山陰地方で獲れたオスのズワイガニを「松葉ガニ」とよびます。松葉ガニ漁は海が荒れる冬場に行われます。

今回のトピック展示では、ズワイガニのひみつとおすすめの料理など、カニの魅力を紹介しています!

 

お正月水槽の展示

展示期間:2019年1月1日(火)~1月21日(月) 展示を終了しました

展示場所:汽水トピックコーナー

ゴビウス飼育係が顔つき、動きが獅子舞そっくりと確信した、「オハグロベラ」と「晴れのおめでたい日」にちなんで、「空(そら)」と「たい」と名の付く「ソラスズメダイ」と「スズメダイ」の展示をはじめました。出雲地方のおせち料理にかかせない「赤貝」(標準和名:サルボウガイ」)」も展示しました。

ゴビウス干支水族館「良い1年になりますように!祈(いの)しし水槽」

展示期間:2019年1月1日(火)〜1月21日(月) 展示を終了しました

展示場所:エントランス

今年の干支「亥」にちなみ、鼻先や模様など体の一部がイノシシとそっくりな生きものを展示しています。神社に見立てた祈しし水槽を見て、良い1年になるようぜひ祈ってみてください。展示生物を紹介した4コマ漫画も掲示しています!

干支「亥」にちなんだ生きもの「コトヒキ」

ヤドカリサンタ

展示期間:2018年11月8日(水)~2018年12月25日(火) 展示終了しました

展示場所:汽水トピックコーナー

クリスマスの展示が始まりました!!サンタぼうしをつけたヤドカリたちがクリスマスを盛り上げてくれています! ぜひ、クリスマス装飾で彩られた水槽をお楽しみください!!

「冬のイベント・ボトルアクアリウムをつくってちいさなエビを飼ってみよう!」

展示期間:2018年11月14日(水)~2019年2月9日(土)

展示場所:淡水トピックコーナー

ボトルアクアリウムは、小さなビンに砂と水を入れ、水草やエビなどの観察を楽しむものです。大きな水槽とはちがい、お手軽に生きものの飼育を楽しむことができます。

今回、冬のイベントとしてボトルアクアリウム作り体験を行います。1回目は12月8日に開催します。展示してあるボトルアクアリウムを参考にみなさんも作ってみませんか?
イベントの詳細はこちら▶▶▶【ボトルアクアリウム】をご覧ください。

タイトル:幻のカニ 「ハマガニ」

展示期間:2018年10月25日(木)~2019年10月24日(木)展示を終了しました

幻のカニ、ハマガニの展示をはじめました!


ハマガニ

ハマガニは近年、島根県内での目撃情報はほとんどなく絶滅が心配されています。 今回、出雲市内に流れる河口で発見され、発見者の方のご好意によりゴビウスに寄贈していただきました。

しまねのみずくさ

展示期間:2018年10月25日(木)~展示を終了しました。

島根県に生育する水草の展示をはじめました。
これから水槽内の水草が成長し生い茂るのが楽しみです。

しまねのみずくさ

オカダンゴムシの大食い大会!?

展示期間:2018年10月1日(月)~11月5日(月)

オカダンゴムシの展示がスタートしました!
1日でどのくらいエサを食べることができるのか実験を行っています。このときは「サツマイモ」でした。エサの種類は日によって変わります。ぜひ観察してみてください。

海のにんきもの ハコフグ 登場!

展示期間:2018年9月5日(水)〜

海水温が高いこの時期、日本海の漁港などから海の中をのぞき込むとハコフグに出会えることがあります。


四角で黄色の体に青いスポットが目立ちます。正面から見ると、おちょぼ口がかわいい??
汽水トピックコーナーで展示しています。ご覧ください。

展示期間:2018年7月21日(月)〜 展示を終了しました。

夏の虫の代表格、カブトムシとクワガタムシ!今年も展示を始めました。カブトムシ・クワガタムシのオス、メスや数種のクワガタの姿形の違いをじっくり観察してみよう!

りっぱな角を持つカブトムシのオス(左)、大きなアゴをもつミヤマクワガタのオス(右)
夜行性の昆虫たち、明るい館内でじっくり観察してみよう!

海の宝石 「ウミウシ」

展示期間:2018年7月11日(水) 〜/ 展示場所:汽水トピックコーナー

ウミウシ展示中
色鮮やかなものが多く海の宝石ともよばれるウミウシ。ゴビウスでは青色と赤色、黄色のコントラストが鮮やかな「アオウミウシ」などウミウシのなかまの展示をしています。
飼育係の「ウミウシ採集レポート」もぜひご覧下さい。
(写真にマウスをのせると、ウミウシの写真にかわります。)

モリアオガエルのオタマジャクシ

展示期間:2018年6月27日(水)〜
展示場所:淡水トピックコーナー

6月、池などでモリアオガエルのオタマジャクシがふ化しはじています。トピック展示コーナーでもモリアオガエルのオタマジャクシの展示をスタートしました! 今回はモリアオガエルの特徴や産卵について8コマのオリジナルマンガで紹介しています。

元気に成長中のモリアオガエルを、ぜひ真近で観察してみてください!

ニホンイトヨの展示

展示期間:2018年5月16日(水)〜 終了

展示

当館で繁殖したニホンイトヨの展示をはじめました!

イトヨ

ニホンイトヨは自然環境の悪化などにより絶滅が心配されている魚です。 展示、種の保存の観点から生きものを増やすことも水族館の役割のひとつです。

飼育の日イベント「オリジナル展示水槽をつくろう!」展示終了しました

期間:2018年4月18日(水)〜5月14日(月)場所:53、54番水槽手前、トピックコーナー

 イベント開催時のようすはここをクリック

山陰の味覚 サルボウガイとアサリ

展示期間:2018年2月14日(水) / 展示場所:汽水トピックコーナー

山陰地方で赤貝とよばれるサルボウガイとさまざまな料理で食されているアサリの展示を始めました。サルボウガイもアサリも中海の環境変化や水質悪化などにより、漁獲量が激減してしまった生きものです。
  
現在では、漁獲量を回復させるため中海漁業協同組合などが協力して、養殖などが進められています。今回の展示では養殖方法や貝のからだのしくみを水槽とパネルで紹介しています!

シラウオ2世の展示変更を行いました!

2018年1月31日(水)~ /エントランス

シラウオ2世、飼育継続中です。

水槽を広くしました。そのほか、シラウオの卵などを映像で紹介し、エサとなる小さなプランクトンの展示も行っています。

豆まき水槽

展示期間:2018年1月18日(木)~2月12日(月)/汽水トピックコーナー

節分にちなんで名前に「マメ」のつく「マメコブシガニ」の展示がスタートしました!丸い甲らが特徴的な小さなカニです。横向きだけでなく、前向きにも歩くことができます。

砂に潜ってじっとする姿や、歩き回る姿…、水槽内のいろんな姿を観察してみてください!

終了:ゴビウス干支水族館「ワンダフルな生きものたち」

展示期間:2018年1月1日(月)〜1月22日(月)※エントランスにて展示

新年にふさわしく今年の干支「戌」にちなんだ生きものの展示をはじめました!

イヌザメやチンアナゴなどお正月らしい展示をご覧いただき、今年もワンダフルな1年にしていただければ幸いです。

海のコウモリ アカグツ 

展示期間:2017年12月16日(土)〜 水槽№21にて常設展示しています。

クリスマス水槽は終了しましたが、「アカグツ」は展示を続行しています。
この機会にぜひ、愛嬌のある姿をお楽しみください。

終了:「クサウオ」がやってきました!

展示期間:2017年12月20日(水)〜終了しました

不思議な姿をした「クサウオ」の展示をスタートします。体は柔らかく、腹びれが吸盤状になっているのが特徴です。普段あまり目にする機会のない生きものですので、ぜひ、この機会に観察してみてください。

終了:海からのクリスマスプレゼント!?

展示期間:2017年12月16日(土)〜終了しました

オレンジが鮮やかな「アカグツ」という珍しい魚がやってきました。 砂地にくらすアンコウのなかまです。大きな口でエビやカニ、小さな貝などを食べます。 ぜひ、愛嬌のある姿をお楽しみください。


ゴビウスクリスマス水槽と並んで展示しています。

終了:ゴビウスクリスマス

展示期間:2017年12月7日(水)〜12月26日(火)

展示場所:No.24水槽前 汽水トピックコーナー

今年もクリスマス水槽の展示が始まりました!!いろいろな生きものたちがクリスマスを盛り上げてくれています!
ぜひ、クリスマス装飾で彩られた水槽をお楽しみください!!

ゴビウスクリスマス水槽の生きもの「ユビナガホンヤドカリ」

終了:ウナギにそっくりな生きもの

展示期間:2017年11月2日(水)〜終了しました

展示場所:ゴビウス出口53、54番水槽手前、トピックコーナー

にょろにょろと細長く、ウナギにそっくりな生きものの登場です!タウナギやヤツメウナギのなかまはウナギに似ていますが、実はまったくちがう生きものです。

     ※展示は、生物都合により変更する場合があります。ご了承ください。
ページのトップへ戻る