前へ
次へ

生きものNEWSー展示のお知らせ

ニホンイトヨの展示を始めました!

展示期間:2018年5月16日(水)〜  場所:53、54番水槽手前、トピックコーナー

展示当館で繁殖したニホンイトヨの展示をはじめました!

イトヨ

ニホンイトヨは自然環境の悪化などにより絶滅が心配されている魚です。 展示、種の保存の観点から生きものを増やすことも水族館の役割のひとつです。

飼育の日イベント「オリジナル展示水槽をつくろう!」展示終了しました

期間:2018年4月18日(水)〜5月14日(月)場所:53、54番水槽手前、トピックコーナー

 イベント開催時のようすはここをクリック

山陰の味覚 サルボウガイとアサリ

展示期間:2018年2月14日(水)〜 / 展示場所:汽水トピックコーナー

山陰地方で赤貝とよばれるサルボウガイとさまざまな料理で食されているアサリの展示を始めました。サルボウガイもアサリも中海の環境変化や水質悪化などにより、漁獲量が激減してしまった生きものです。
  
現在では、漁獲量を回復させるため中海漁業協同組合などが協力して、養殖などが進められています。今回の展示では養殖方法や貝のからだのしくみを水槽とパネルで紹介しています!

シラウオ2世の展示変更を行いました!

2018年1月31日(水)~ /エントランス

シラウオ2世、飼育継続中です。

水槽を広くしました。そのほか、シラウオの卵などを映像で紹介し、エサとなる小さなプランクトンの展示も行っています。

豆まき水槽

展示期間:2018年1月18日(木)~2月12日(月)/汽水トピックコーナー

節分にちなんで名前に「マメ」のつく「マメコブシガニ」の展示がスタートしました!丸い甲らが特徴的な小さなカニです。横向きだけでなく、前向きにも歩くことができます。

砂に潜ってじっとする姿や、歩き回る姿…、水槽内のいろんな姿を観察してみてください!

終了:ゴビウス干支水族館「ワンダフルな生きものたち」

展示期間:2018年1月1日(月)〜1月22日(月)※エントランスにて展示

新年にふさわしく今年の干支「戌」にちなんだ生きものの展示をはじめました!

イヌザメやチンアナゴなどお正月らしい展示をご覧いただき、今年もワンダフルな1年にしていただければ幸いです。

海のコウモリ アカグツ 

展示期間:2017年12月16日(土)〜 水槽№21にて常設展示しています。

クリスマス水槽は終了しましたが、「アカグツ」は展示を続行しています。
この機会にぜひ、愛嬌のある姿をお楽しみください。

終了:「クサウオ」がやってきました!

展示期間:2017年12月20日(水)〜終了しました

不思議な姿をした「クサウオ」の展示をスタートします。体は柔らかく、腹びれが吸盤状になっているのが特徴です。普段あまり目にする機会のない生きものですので、ぜひ、この機会に観察してみてください。

終了:海からのクリスマスプレゼント!?

展示期間:2017年12月16日(土)〜終了しました

オレンジが鮮やかな「アカグツ」という珍しい魚がやってきました。 砂地にくらすアンコウのなかまです。大きな口でエビやカニ、小さな貝などを食べます。 ぜひ、愛嬌のある姿をお楽しみください。


ゴビウスクリスマス水槽と並んで展示しています。

終了:ゴビウスクリスマス

展示期間:2017年12月7日(水)〜12月26日(火)

展示場所:No.24水槽前 汽水トピックコーナー

今年もクリスマス水槽の展示が始まりました!!いろいろな生きものたちがクリスマスを盛り上げてくれています!
ぜひ、クリスマス装飾で彩られた水槽をお楽しみください!!

ゴビウスクリスマス水槽の生きもの「ユビナガホンヤドカリ」

終了:ウナギにそっくりな生きもの

展示期間:2017年11月2日(水)〜終了しました

展示場所:ゴビウス出口53、54番水槽手前、トピックコーナー

にょろにょろと細長く、ウナギにそっくりな生きものの登場です!タウナギやヤツメウナギのなかまはウナギに似ていますが、実はまったくちがう生きものです。

     ※展示は、生物都合により変更する場合があります。ご了承ください。
ページのトップへ戻る