前へ
次へ

2018年7月 今月の生きもの

タガメ (カメムシ目 コオイムシ科)

特徴となるカマのような太い前脚で魚やカエルなどを捕らえます。捕らえた生きものに針のような細い口をさし、消化液を流し込み溶けたものを吸います。タガメはオスよりもメスの方が体が大きく、産卵前のメスは餌をたくさん食べます。
交尾したメスは水面から出ている植物の茎などに卵を産みつけその後はオスが卵に水をかけるなど世話をします。  
現在、展示しているタガメは当館で繁殖させたものです。魅力たっぷりのタガメをじっくり観察してみて下さい。

No.51水槽で展示しています。



キジハタ

これまでの生きもの 2018/01 02 03 04 05 06

 

 

ページのトップへ戻る