前へ
次へ

2018年6月 今月の生きもの

コガタノゲンゴロウ (コウチュウ目ゲンゴロウ科)

昔は池や水田で見られましたが、近年、水質や生息環境の悪化により数が減っています。 
水中生活に適した体をしていますが、羽があり、飛ぶことができます。夜間、飛行中に街頭の光に引き寄せられてしまうこともあります。また、体を乾かすために流木などにあがったりしています 運が良ければ、止まり木に上がって体を乾かしているゲンゴロウの姿を見ることができるかもしれませんね。

No.52水槽で展示しています。

ゲンゴロウ

キジハタ

これまでの生きもの 2018/01 02 03 04 05

 

 

ページのトップへ戻る