前へ
次へ

今月の生きもの

タカノハダイ (スズキ目タカノハダイ科)

日本海沿岸で見られ、ときどき中海に入ってくることがあります。おもに小型のエビやカニ、ゴカイなどを食べます。体のシマ模様と尾びれに水玉模様が入るとてもキレイな魚です。名前の由来は、体のシマ模様がタカの羽に似ていることから「タカノハ」とつきました。キレイな模様に目が行きがちですが、ぽってりとしたくちびるもチャームポイントのひとつです。正面からみるとなんとも憎めない顔をしていますので、色々な角度からじっくり観察してみてください。

館内No.5水槽で展示中!


キジハタ

 

ページのトップへ戻る