前へ
次へ

今月の生きもの

アカメバル(スズキ目メバル科)

 春の訪れを告げる魚のひとつとして、メバルは「春告魚(はるつげうお)」ともよばれています。  おもに夜行性で、名前の由来になっている丸くて大きな眼で、エサとなる小魚やプランクトンなどを探します。  食べて美味しいほか、魚釣りの対象魚にもなり、全長が30センチを超える大物は釣り人から尺メバルとよばれ人気があります。  メバルを見て、今年も春の訪れを感じてみてはいかがでしょう。

アカメバル

今回ご紹介したアカメバルは4番水槽にて紹介しています。

キジハタ

 【2015年 月を飾った生きもの】

 

ページのトップへ戻る