前へ
次へ

今月の生きもの

ホンモロコ(コイ目コイ科)

 本来は滋賀県(しがけん)の琵琶湖(びわこ)に生息している淡水魚ですが、味が良いため宍道湖に移植放流されました。ホンモロコのように日本の魚でも、他の地域から移植された種類は「国内移入種(こくないいにゅうしゅ)」とよばれます。  大きさは10センチ前後で、体は細く、中央に黒い線があります。また、口元をよく見ると、短いひげがあります。  館内には、ホンモロコの他にもモロコのなかまが何種か展示されています。
  見分けるのはとても難しいですが、ぜひ、ちがいをみつけてみてください。

ホンモロコ

今回ご紹介したホンモロコは38番水槽にて紹介しています。

キジハタ

 【2015年 月を飾った生きもの】

 

ページのトップへ戻る